このブログを検索

2018-04-21

2018年4月20日 唐穗山-稜山縱走 北橫公路の中級山を歩く

嘎拉賀部落から望む稜山(左)と唐穂山
唐穗山は、カラホという原住民言語の山名を日本語の漢字読みで当てた名前だ。中国語読みで嘎拉賀の文字が当てられ近くの部落の名前となっている。一方の稜山は、ふもとにあった日本時代警備道上の四稜駐在所の稜から来ているということだ。ともに桃園市と東の宜蘭県を隔てる境界の山で、前に登った西丘斯山や雪白山と間に東丘斯山を挟んで連なる。台湾北部を横断する北部横断道路(北横公路)のわきにある山々の一つである。実は去年秋にこの二つの山を縦走すること予定したが、大雨で予定を取りやめた。この縦走路は、かなりきついルートであることで知られている。天候が悪ければ、輪をかけて大変だ。太平洋側からの風をまともに受ける山並みは、天候が変わりやすい。幸い今回は天気に恵まれた。

唐穂山山頂にて、背後に西丘斯山と雪白山
稜山山頂にて
上述雪白山の南側は新竹縣司馬可斯で神木巨木で有名だ。実はこの山の周辺は、こうした巨木が多く今回の登山中にも多くの紅檜(ベニヒ)や扁柏(タイワンヒノキ)の巨木を見た。樹齢は少なくても数百年なのだろう。初めは驚異の感があるが、多すぎて次第に鈍感になってしまうほどだ。登山道わきでこれだけあるのだから、それ以外にどれだけあるのか。
反時計回りに歩く
歩行高度、下った後最後に登り返すのがつらい
桃園と宜蘭との境界上の山
前(19)日に稜山下山後の三光溪渡渉点を確認
今回は、幸いなことにメンバーの一人Lさんの友人が嘎拉賀部落に山の家を持っており、それを借りて基地にできた。前日19日午前に出発、北横公路をへて巴陵から嘎拉賀部落へ向かい、昼食後三光溪へくだって、翌日稜山からくだってきたときに渡る渡渉点を確認した。二、三日前は雨が降ったが、幸いに天気が良かったので沢の水も多くなく、大丈夫な様子だった。十数時間かけて縦走し下ってきて、増水した沢で足止めされるのでは身も蓋もない。用心のためにもっていったロープは使うことはなかった。
嘎拉賀部落を出発、前方に唐穂山のシルエットが見える
産業道路から見る唐穂山から西丘斯山への稜線
昨日も良い天気だったが、午後遅く霧が発生して、昼過ぎには見えていた対岸の稜山から唐穗山への稜線は霧に隠れてしまっていた。4時に起きて外に出ると星が出ている。天気はよい。食事を済ませ4時50分に出発する。初めは舗装された産業道路を進む。歩くにつれ、空は白んでくる。前方には唐穗山から西丘斯山の稜線がくっきり浮かぶ。5時20分、少し左が開けて畑になっているところを通り過ぎる。右には彩虹瀑布への道の入り口がある。更に数分進むと産業道路の終点にくる。右には、雪白山への道が続く。終点付近は広い平らな場所で、ここで設営して登山する人も多いようだ。

三光溪を渡渉する
渡渉後急坂を登る
広場前左の道を下っていく。初めのコンクリの道が切れ竹藪を過ぎる。5時38分沢に降りる。幸い沢の水は多くなく、渡渉も簡単だ。沢を渡って少し道を進むと二回目の渡渉点だ。飛び石があるが、ほとんど水をかぶっている。長靴であれば、問題なく越せる。嘎拉賀部落が標高約1200m、沢底は約950m、すでに200m以上の高度差を下がってきた。小休憩のあと、6時少し前頂上へ1150mの高度差の長い坂道が始まる。すぐに補助ロープのある急坂が現れる。約20分ほどの急登りを過ぎると、少し緩やかになる。赤い道標が唐穗山方向を示している。

焚火あとが残る平地、赤い道標がある
下草の間を登っていく
雪白山が対岸に見える
道筋ははっきりしているが、両脇の草の雫でズボンが濡れる。また坂が急になる。7時にトタンが転がっている場所がある。焚火の跡もある。おそらく狩猟などの小屋あとだろう。わきにある半分文字が消えているトタンの道標には神木と記してある。道は山腹を緩い坂でトラバースしていく。樹木の切れ目から対岸の雪白山が望める。7時半、標高1500mぐらいからそれまでの広葉樹林から、ヒノキの巨木が現れ始める。下から見上げる太い幹には、手を伸ばしているかのように枝が分かれている。巨木の近くで小休憩をとる。

登山道わきのヒノキ巨木
倒木の根をくぐる
巨木が次々と現れる。標高1600mを越えるころからまた坂が急になる。ひたすら登るだけだ。下草は背の低いシダ類がメインになる。更に登ると緑の苔類が目立つようになる。8時26分、倒れた巨木の根をくぐっていく。8時半に休憩を取り、またさらに登る。8時50分、唐穗山まで90分と記された道標を見る。巨木は相変わらず、そこここに見られる。9時標高1900mを越えるあたりから、ニイタカヤタケが現れ、森の底を埋める。前方上方に高いピークが木々の向こうに見える。坂が一段と急になり、ロープがつけられた急坂を登る。9時20分、今度はあと60分という道標を見る。

あと90分の表示がある巨木の場所
ヤタケの間を行く
嘎拉賀部落が下方に見える
9時30分、ピークの上につく。樹木の間から、朝出発した嘎拉賀部落が下の方に望める。道は少し下り、9時40分、右に東丘斯山への縦走路を分ける。こちらの道は歩いている人が少ないようで、ヤタケに埋もれている感じだ。道は緩くなるが、倒れた樹木やうねうねしたシャクナゲの木々が所せましとあり、緑の苔と相まって迷い込んだら出られない不思議の森を歩いているような感じだ。苔の上に落ちたシャクナゲのピンクの花は絨毯のさまだ。加油(頑張れ)頂上はすぐという赤い標識を見ると、ロープの急坂が現れ10時16分唐穗山山頂(標高2096m)に到着する。

苔が密生する森の底を行く
苔の上におちたシャクナゲの花
唐穂山山頂の筆者
実によい天気の山頂は、周囲の樹木がすくなく素晴らしい展望台だ。南西方向に延びる尾根にある西丘斯山や雪白山が近い。その左(南)側には雪山山脈が、大霸尖山から東に延びている。その手前には武陵四秀の品田山、池有山、桃山などが並ぶ。そのさらに左(東)側には、南湖大山を盟主とする中央山脈北一段の山々が尖った中央尖の山と鎮座している。目を北に向ければ、大漢溪の右岸にある塔曼山から把博庫魯山、復興尖山への山並み、さらに拉拉山や夫婦山,その遠く向こうには南插天山と魯培山が見えている。左岸にかなたには那結山も判別できる。嘎拉賀部落の我々が泊まった家もわかる。その左上方の山は低陸山だ。過去に自分の足で歩いた北部の山々が見える。実に感動のひと時だ。

南側雪山山脈方向を見る
東側南湖大山方向を見る、右の尖った山は中央尖山
北方向を見る
水晶蘭
10時50分、30分の食事休憩をすませ、稜山に向けて縦走を始める。道はまだまだ長い、先を急がなければならない。もともと10時までに到着を目標にしていたので、ちょっと遅れ気味だ。道筋は、今までと比べると明らかに細く不明瞭だ。しかし、マーカーリボンは適当にあるので、地図と照らし合わせていけば迷うことはない。道はシャクナゲの灌木の林を抜けていく。腐敗土は柔らかく、足元はフカフカした感じだ。数分で右に100林道への道を分ける。林道といっても廃棄されて久しいので全く山道と変わらない。分岐の少し先で花弁が透き通った珍しい水晶蘭の花を見る。

苔の生える森をゆく
唐穂山を振り返る
苔の生えた森を過ぎ、ニイタカヤタケの茂った森を行く。また苔の森と、交互に現れる。12時6分、唐穂山から標高差約300m近く下がった鞍部に到着する。ここは右に130林道への道を分ける。道はここから登りが始まり、小さなピークを越えていく。12時39分、ピークを越えたあと、低い樹木の向こうにやってきた唐穗山とそれから伸びる登山道のある枝尾根が見える。

上り下りを繰り返す
文字がかすれてしまった道標の分岐部
時間を気にしながら、稜線を追っていく。ガスがだいぶわいてきた。周囲は白一色だ。14時5分、少し休憩をとる。休憩後右に大きく下り、山腹をトラバースする。14時17分、文字が消えてしまっている道標の鞍部分岐を過ぎる。少し登り返し14時22分、稜山への分岐を過ぎる。さらに登り、ヤタケを藪漕ぎし14時28分、稜山(標高1889m)に到着する。

稜山山頂
霧の中急坂を下る
頂上の周囲は樹木で展望はない。霧が出てきたので、樹木がなくても展望はできない。日暮れまで3時間半ほどしかない。道は長い。14時51分、下り始める。先ほどの分岐に戻り、右に道をとり急坂を下る。坂は本当に急だ。補助ロープなどもなく、足元が不安な場所は慎重に下る。霧が濃くなって幻想的な森の中をひたすら下り、15時15分廃棄130林道に降りる。廃棄されて久しい林道は、がけ崩れや生えた樹木などで林道というよりは、普通の山道である。唯一勾配が緩いのが林道の証だ。距離約1キロほどの林道を行く。15時43分、林道から離れる山道の入り口にくる。

廃棄林道をゆく
こちらも巨木が多い
標高約1700m、三光溪の谷底までまだ850mほど高度差がある。緩やかな広い尾根を下る。ここにも多くの巨木があらわれる。林道ができたが、これらの巨木は伐採を免れたのだろう。道は方向を西向きに変わり、16時24分廃棄された小屋を通り過ぎる。ここは作業小屋だったようで、踏跡は少しはっきりする。坂は勾配が強くなる。林相が換わり広葉樹の森になる。ちょっとした幅の狭い尾根を下っていく。17時少し休憩し、さらに下る。森の中はだいぶ暗くなってきている。時間との競争だ。17時20分ころから、森の底は密生した草になる。標高も1200mまで下がってきた。

廃棄作業小屋
暗くなり始めた下り道を急ぐ
尾根筋がはっきりしてくると、坂は少し緩くなる。18時少しまえに、尾根から右に山腹を下り始める。用意していたヘッドランプを点灯する。ザレた場所をロープを頼りに下る。18時20分、沢に降り立つ。あたりはだいぶ暗くなってきている。すぐに渡渉し対岸に渡る。少し休憩する。残りは、昨日すでに一度歩いている場所だ。暗くても問題は少ない。ホッとする。

ヘッドランプを点灯し沢際に降りる


山道を登り返す。初めは急な岩登りだ。急な上りを行き、竹林に入る。約20数分で嘎拉賀溫泉へ続く道の涼亭わきにでる。落ち葉重なる道は、ヘッドランプだけでは道筋の判別が難しい。よく歩かれている高山などの道は、暗がりでヘッドランプだけでも大丈夫だが、こうした踏跡だけの山道はわかっていないと、とても難しい。日暮れ前に急いで良かった。そうでないと、道を探すだけで大変だったろう。とっぷり暮れて闇の中を、最後に舗装された道を登り、19時48分嘎拉賀部落の道に着く。さらに山の家まで歩き、約15時間の縦走を終えた。

すっかり暗くなった嘎拉賀部落に到着
メンバーは、体力的にもそろっていたので、15時間、距離18㎞、累計登坂1900mの縦走でも問題なく終了できた。十数時間歩く山歩きは、初めてではない。今まで何度か経験しているが、この縦走路は逃げ道がない。一度縦走を始めてしまえば、全部を歩くしかない。唐穗山への到着が遅ければ、迷うことなく縦走は取りやめ往路を引き返す方がよいだろう。また日中の時間が長い時期に、そして増水して沢を渡れないことがないように天気も重要だ。体力的にもルート的にも困難度はクラス4+だ。それなりの経験と体力がなければ、お勧めしない。

2018-04-13

2018年4月12日 宜蘭頭城鶯仔頂山-鶯子嶺縦走

稜線上から鶯子頂山(中央のピーク)と左の通信施設を見る
天気が良く空が澄んでいるとき、台北市街の東北方向に位置する山々の頂上から東を望むと、長々と続く峰々の中で、頭に多くの通信アンテナを頂く山が見つかる。この山は、新北市と宜蘭県の境界上にある鶯子頂山だ。冬には東北季節風をまともに受けるこの山々の稜線近くには森が育たない。そのため茅が多く密生し藪漕ぎもままならない。以前、七兄弟山から窖寮山を越えて叢雲山を目指したとき、暫く歩かれていないためもとの草藪に戻ってしまった山道で、力尽きて途中下山したことがある。幸いにして、最近藍天隊がこの草藪の稜線に入り、道の整理を行った。今回は、このおかげで縦走することができた。

左側山腹の吉祥寺から時計回りに歩く
歩行高度
今回訪れた主稜線は、台湾島北部を縦断する雪山山脈の北端近くに位置する。宜蘭の蘭陽平野はこの山並みの東にある。すぐ近くのふもとには雪山隧道が抜けて出る頭城の街がある。頭城駅からタクシーで標高約450mの吉祥寺へ向かい、そこから稜線を九股山をへて登り、上記通信施設へつながる四堵戰備道へでる。戰備道を少し登ったところで、左に北宜古道を経て風空子溪を往復、戻って戰備道を2,3㎞歩き通信施設が多くある道路の終点へ登る。道路終点からは山道が始まり、稜線を鶯子頂山、さらに鶯子嶺へ縦走する。鶯子嶺から南に長く頭城市街のわきまで下る長い稜線を歩き、途中礁水坑山と頭圍山を過ぎ、大修宮に降りる。さらに階段道を下って頭城駅へ戻り、回遊式の登山を終えた。道の状態は、事前に想像してよりおおむね良かった。

鶯子嶺山頂のメンバー
鶯子嶺は四年前に一度訪れている。その時は、北側に位置する雙溪區灣潭から枝尾根を登って登頂した。鶯子嶺から南に稜線を少し下がり、折れて大和山へむかったが、その時は道筋がはっきりしない状態だった。今回はその部分も良くなっていた。大和山への分岐からさらに南の部分は、ちょっと草深くあまり歩かれていないようだった。鶯子頂山の通信施設や四堵戰備道と呼ばれる立派な舗装自動車道路は、実は冷戦時代に米国との協力のもとで対中共のために造られた軍事施設の名残である。今も軍事施設はあるが、それ以外にこの地を利用した民間通信施設が多くできている。

宜蘭の蘭陽平野北部にある今回の登山対象
頭城駅前のタクシーで登山口に向かう
台北駅を6時25分発の自強号で出発する。平日なので車中は通学の学生も多い。数分遅れ気味なので、列車は雙溪を過ぎるとスピードを出し、頭城にはほとんど遅れなく7時56分に到着した。プラットホームから遠くに鶯子頂山から鶯子嶺への稜線が見える。駅前にはタクシーが数台並んでいる。近くに観光地があるので交通の便はよい。平日で長い歩きだが18名の参加者がある。四人づつタクシーに分乗し出発する。15分ほどの乗車で吉祥寺に到着する。

吉祥寺のわきから望む、遠くに下山に通る尾根筋が見える
靈光塔とその周辺
お寺のわきからは、目標の稜線も上方に見える。8時30分、広場脇の階段を登り始める。幅の広い道が続き、靈山塔のわきを過ぎる。1888年開山の古刹を感じさせるような場所だ。さらに道を追っていく。靈光塔が現れる。手洗い脇の道を進むが、様子が違う。そこで戻ってみると、靈光塔に下る前に右に尾根上を登っていく道がある。これが正しい登山道だ。水槽わきを過ぎ、登りが始まる。台北と宜蘭をつなぐ古道群のひとつ北宜古道の一部になる道は、そこそこ歩かれているようで、道筋ははっきりしている。

九股山山頂
ツツジがさいている
15分ほど登っていく。右に道が分岐する。九股山頂上への道だ。こちらを進む。9時9分、九股山(標高640m)に着く。基石がある狭い頂上の周囲は樹木で展望はない。分岐へもどり、さらに稜線道を登っていく。幅のある稜線の右側近くを行くところは、右に対岸の山が見えるが、登るにつれ霧が多くなってくる。桃色のツツジの花を見てまもなく9時45分に四堵戰備道に出る。ほとんど風もなく、気温も高いのでかなり汗をかく。ここでしばし休憩をとる。

霧の四堵戰備道で小休憩
舗装路を10分ほど登る。左に山道の入り口がある。北宜古道だ。時間的にも大丈夫なので、近くのピーク風空子溪山へ往復する。古道は最近手入れされたこともあり、状態がよい。数分登ると、鞍部右に大きな古い墓がある。最近の清明節で親族が墓参りをしたのだろう、きれいに草が刈られた清朝時代の墓石とその前に焼香された跡がある。風空子溪山へは、その少し先左に道が続く。こちらは、しばらく道の手入れはされていないようで、茅が密生している。道筋はあるが、藪漕ぎが余儀なくされる。10分ほど苦労して登り、10時19分風空子溪山山頂(標高908m)に到着する。周囲は霧で、展望はない。

北宜古道の入り口
100年以上前のお墓
草の生い茂る風空子溪山山頂
往路を下り、四堵戰備道もどる。舗装路を登っていく。上部の施設への車だろう、二、三台行違う。周囲は霧が濃く、晴れていれば遠くが見えるだろうが、すべて白いなかだ。最後につづら折れを登り、11時16分鶯子嶺と大きく記された看板がある。山登りでは鶯子嶺は、ここよりさらに東の峰だが、近くの鶯子頂山と合わせて総称で鶯子嶺ということなのだろう。看板近くの道端には、三年前の日付と櫻木花道と記された石碑もある。櫻木花道とは、台湾で大人気の日本のアニメ、スラムダンクの主人公だ。この地と何の関連があるのかとおもっていたところ、後日聞いた話で理由が分かった。それは、地方政府が予算消化でこの道のわきに桜を植えたが、手入れもせず条件の悪いこの地で、ほとんど枯れてしまったということだ。桜が咲き花の道となる意味だったのだろうが、石碑だけがのこり愚かな役人と税金の無駄遣いを証明しているというわけだ。

鶯子嶺の看板わきで集合写真
桜木花道の石碑
多くのアンテナが建っている
舗装路の終点、稜線道の入口
道の左に数か所の高くそびえるアンテナ群と、右に軍事用施設をすぎると、11時27分舗装路は鉄の門の前で終了する。少し休憩した後、施設の囲いにそって山道を進み始める。屏のわきから大きく下り登り返す。11時45分、鶯子頂山(標高1001m)につく。空は高い雲がかかっているが、霧がはれて周囲が見渡せる。海側は、先ほど通り過ぎたアンテナ群の左下に蘭陽平野前方と海岸線、「礁溪富士」鴻子山の三角ピークがわかる。前方鶯子嶺や、その左には以前歩いた灣潭竹子山から梳妝樓山への稜線が、霧に見え隠れしている。目を凝らすとアンテナ群の奥に高山が見えるが、雪山山脈の一部か。

草がしっかり刈られている鶯子頂山山頂,右に先ほど通り過ぎた通信アンテナ
これから歩く稜線と背後の鶯子嶺を望む
海側を望む
草がしっかり刈られた道を行く、一番奥が鶯子嶺
時間はすでに正午だが、後の行程を考えて鶯子嶺を目指す。稜線上の茅の間には、しっかり道が開かれ、まったく問題ない。道は小さなピークをいくつか越えていく。晴れていれば、とても暑いだろう日陰の無い稜線は、霧が去来し時々風もあるので助かる。最後に大きく下り、12時45分、右に福德坑へくだる道を分岐する鞍部に来る。ここから鶯子嶺へ登り返しだ。約100mの落差で、ちょっと辛い。12時58分、右から灣潭からの道を合わせ、更に二、三分で鶯子嶺(標高943m)に着く。前回の比べ大きな範囲で草が刈りとられ、広くなった頂上で食事休憩をとる。幸い、空は曇りでそれほど暑くない。

時々霧が去来する稜線を行くメンバー
鶯子嶺山頂
晴れていれば、鶯子嶺山頂から鶯子頂山方向がこのように見える(2014年9月撮影)

草藪の間を鶯子嶺から下る
13時40分下りはじめる。前回は苦労した草の道は、思っていたよりはるかに道筋がはっきりしている。すぐに左に打鐵寮山への道をわけ、補助ロープのある急坂を下る。草藪から森の中に入り、14時3分左に大和山への道を分岐する。前回は左に大和山へ向かったが、今回は直進だ。道の状態は、それまでに比べると悪くなる。草が道筋を覆う。ただ、草の下の踏み跡はわりあいとはっきりしている。マーカーリボンも少ないが、困るほどではない。基本は稜線上を追っていくので、方向が大きく変わる場所以外は、迷うこともない。草が濡れている場所もあるが、おおむねOKだ。ただ、長い尾根なので下りだが時間がかかる。14時31分、少しひらけた場所にくる。少し休憩をとる。

草深い下り道
礁水坑山のメンバー
民国42年の造林のコンクリ柱
道は開けた場所の右がわに続く。道は右側に進み、坂もすこしきつくなる。少し登り気味になりそれが終わって14時52分、礁水坑山の圖根點基石が緩やかな坂の真ん中に現れる。山の名前があるが頂上というわけではない。また坂が始まり、明るい感じの場所で民国42年(1953年)にここに植樹したという石柱がある。60数年前だが、その当時の植林はすでに切られているのだろう。周辺の樹木はそれほど樹齢があるように見えない。山腹をトラバースして沢のように窪んだ場所を行く。植林されたぐらいなので、道はよくなる。15時18分、小沢を越す。その先、右に礁水坑山南峰への道が分岐するが立ち寄らず、そのまま下る。先はまだ長い。15時27分、左に火燒寮山への道を分岐する。道端に早咲きの月桃が咲いている。道がしばらく緩やかになり、それが下り始める前、15時42分休憩をとる。

小沢を越え窪んだ場所を歩く、道筋ははっきりする
早咲きの月桃の花
急に眼前に樹木が刈られ開けた場所が現れる
歩き始めてしばらく、前方の樹木がすべて切られて開けた場所に出る。左遠くには亀山島が沖に見える。幅の広い道が始まる。すこしその道を進むが、方向が正しくない。戻ってみると、果たして山道が開けた場所の端から続いている。頭圍山までは、稜線上を進む。森がきれて、また前方に海岸線と 烏石漁港が見える。16時11分、稜線上の山道からいきなり舗装路に出る。左を見ると廃棄された養鶏場がある。このために開かれた道のようだ。

視界が開け、お気に龜山島と烏石漁港が見える
大修宮が見えた
舗装路を少し進むと、道が曲がる部分で右にまた山道が入っていく。この道を進むことわずか16時20分に今日最後のピーク、頭圍山(標高252m)に着く。昼食の時にもあったが、最後のビールをここで開け、乾杯する。頂上から少し下がり、16時30分大修宮に到着する。主要な歩きはこれで終わりだ。ここでしばし休憩する。長靴を脱いでみると、蛭が左足に着き血を吸い始めている。塩をふりかけ落とす。長靴を履いていても、蛭予防は完全ではない。

大修宮から頭城の街を望む
血を吸い始めた蛭
大修宮の前庭からは、広い範囲が見える。下方は頭城の街だ。17時過ぎに最後の下りを始める。1000段以上の階段を下っていく。下り切り街中を通っていく。17時55分、頭城駅に到着する。メンバーのうちの数名は、一緒に礁溪へ行き、そこで食事をとる。19時45分のバスで台北へ戻った。

石段道を頭城駅へ下る





道の状況が想定よりよく、また参加者の足並みもそろっていたので、問題なく休憩込みで9時間20分ほどで歩き終えた。距離は約17㎞である。登りは登山口が高いこともあって860mほどだ。以前から思っていた、鶯子頂山-鶯子嶺の稜線を歩くことができた。天気は曇り気味で、遠くははっきりしなかったが、鶯子嶺からの景色は前回すでにみているので、暑くなく楽だったことを感謝すべきかもしれない。茅の密生する稜線道は、登山者が歩かなくなると、たちまち自然に力でもとに戻ってしまう。いつまで良い状態の道が続くのだろうか。